RSD ASW-G-08 ガンダムバルバトスルプスレクス ☆2日目☆

0 0
こんにちは♪
昨日に引き続き、RSDガンダムバルバトスルプスレクスの進捗2日目です。
今日は下半身の組み立てから脚部短縮化、各種武器などの組み立て、仮組完了までです。

最近やっと鉄血系の脚部短縮化にもなれてきまして、やり方も定着してきました。
作るひとによって、脚部や腰部の短縮化はそれぞれちがうし、そういうやり方もあるんだなぁと勉強させていただいたりと、やはり奥が深いですな…!

自分なりの脚部短縮化としては、

膝がからすねのフレームを組む

膝の可動部分を切り飛ばす

切り飛ばした部分をヤスリやナイフで整形

フレームのすね部分に接着剤をつけて、外装パーツを嵌め込む

すね裏パイプの付け根から膝下まで切断

すねから靴のパーツを膝下に直結

膝裏パーツをくみ、加工した股関節軸受けパーツを切り飛ばした部分に接着

股関節軸に太ももパーツをある程度で切断して嵌め込む

短縮化完了

といった流れ。
切り飛ばす部分、具合は実際現場合わせが短縮化の基本で、ここじゃないとダメだって定義もないのですが、自分はこんなやり方をしてます。
これは鉄血系の短縮化では基本にしてますね。

他のHGUC等の短縮化になるとこの限りでは無いですが…

次は塗装ですな!







ページトップ