Team -GBF- [Gunpla Building Factory]

日々の雑記と、制作したガンプラを載せていきます♪ <a href="http://twtr.jp/mossariani/status?guid=ON">Twitter</a>

No.505 RSD MSZ-008X2 ZZII

こんばんは♪バンシィノルンとゼッツーどちらから作ろうか悩んでいたとき、先にバンシィノルン作ってから作ろうと思ってゼッツー買いに行ったのですが、ZZIIのほうがかっこいいなぁとかんじたので、ZZIIを制作することにしました♪

変形は可能なんですが、バックパックのボールジョイントが悲鳴をあげたので変形はやめました。脳内補完で勘弁を…というわけで、レシピを…

使用キット
HGBF ZZII
SD Ζガンダム
他パーツ流用

1、頭部加工と首接続部加工

先ずは頭部加工。ΖガンダムとZZIIはデザインが違うので、なるべくZZIIに近づけるように加工しました。
耳を少し斜めにカットし、プラ板で蓋をして、隙間にパテを埋めて整形。
アンテナもヤスリで整形しています。頬もいくらかカットして、丸ヤスリで形を整えています。
首接続部はヤスリで棒状に整形して、差し込めるようにしています。

2、腰部短縮化

腰部短縮化は簡単に。
通常だと、スカート部に干渉して回転できない仕様になっていて、それを解消したいため五ミリほどカット。ヤスリでフラットに整形し、短縮化しました。
これにより干渉部分が無くなったため、腰の回転を阻害することなく短縮化も実現。

3、脚部短縮化とスリッパ交換

脚部短縮化は、膝から下を組み立てて、股関節軸パーツと直結。
スリッパはZZIIだとつま先立ちしかできない上に接地性が最悪なので、HGUCアンクシャからスリッパを流用。プラ板やパーツを加工してゼッツーのデザインに持っていきました。
またZZIIのパーツの特性上、ゼッツーやアンクシャのスリッパではそのままだと自立不可能なので、干渉部分を整形しています。

4、他の部分

それ以外は普通に組み立て。さらにΖのビームライフルを流用し、銃口を交換。
ロングビームサーベルができるように改造しました。
ZZIIにもゼッツーのビームライフルがついてきますがグリップがないので持たせることが出来ません。
使いたい場合は他からグリップを持ってくる必要がありますが、ΖのビームライフルとほとんどおなじなのでΖのライフルを使った方が、楽ですね~
そしてなぜか両手のライフル持ち手はついてくる…

5、塗装

塗装はミスターカラー、ガイアカラーを使用。筆塗りです。スプリッター迷彩は筆塗り一発仕上げです。

・赤部分
┗あずき色

・黄色部分
┗オレンジイエロー(ガイアカラー)

・青(濃)部分
┗コバルトブルー+色ノ源マゼンタ

・青(薄)部分
┗上記にさらにホワイト

・白部分
┗ガンダムホワイト

・ハンドパーツ、各種武器
┗メタルカラーアイアン

・銃口、センサー、動力パイプなど
┗メタルブルー

で唐湊しています。

6、仕上げ

仕上げとして、

・水転写デカール貼り
・磨き込み
・プレミアム艶消しトップコート吹き付け

を行い、完成としました。

変形出来なかったのは残念だけど、取り返しのつかなくなるのよりはいいかな…
かっこいい仕上がりに成ってくれたし、良しとします。

















スポンサーサイト
  1. 2018/02/11(日) 20:18:15|
  2. ガンプラ RSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.503 RX-78 NT-1 GUNDAM NT-1 ALEX

こんばんは、そして2018年最初のガンプラ進捗です♪
いやぁ…遅いスタートですよね~でもちょいちょい買い込んだので、退屈はしないかと思います。今年も宜しくお願いします!
というわけで今年最初のガンプラは、リメイクしたかったガンプラの一つでアレックスを制作しました。ちなみにチョバムアーマーは知らない子です。

使用キット
HGUCガンダムNT-1アレックス
SDガンダムNT-1アレックス
他パーツ流用

1、肩部改修
頭部と胸部はSDを使用しているので、腰部短縮化をまるまるカット。
肩部はHGUCとSDでは勝手が逆なので、SDの肩部にかかるPCにランナーを加工した棒を挿入し、HGUCの肩、腕を接続してます。

2、脚部短縮化
胸部短縮化は、膝から下は普通に組み立て。股関節軸を棒状に整形し、拝借してきたSDの二の腕パーツで膝から下と股関節軸を直結。
スリッパはHGUCジム3のものと交換しました。

3、他加工部分
SD胸部にHGUCのランドセルを接着。さらにビームサーベルをよそなら拝借してます。
ハンドパーツはHGUCバンシィなどの余剰パーツを拝借しました。

4、塗装レシピ
塗装はミスターカラー、ガイアカラーを使用、筆塗りです。

・青部分(濃)
┗コバルトブルー+色ノ源マゼンタ

・青部分(薄)
┗上記にさらにホワイト

・黄色部分
┗オレンジイエロー(ガイアカラー)

・赤部分
┗あずき色

・白部分
┗ガンダムホワイト

・ビームライフル
┣メタルカラーアイアン
┗メタルブルー

・ハンドパーツ
┗メタルカラーアイアン

・スネ部分シリンダー
┗メタルカラークロームシルバー

で塗装しています。

5、仕上げ
仕上げとして、

・水転写デカール貼り
・メタルカラー塗装部分磨き込み
・プレミアムトップコート吹き付け

を行い、完成としました。

次はヘビーアームズEW…ッ!
















  1. 2018/01/24(水) 19:58:16|
  2. ガンプラ RSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.502 RSD GAT-X105E STRIKE NOIR Ver,2.0

こんばんは、今年最後の製作になる…と思います、ストライクノワールの完成御披露目です♪
ストライクノワール自体はSDやMGも作りましたが、HGだけだと4回目になりますかね~

RSDとして作るのは2回目なので、Ver,2.0としています。
そんなストライクノワールの集大成として、今回製作しちゃいました。
というわけでレシピを…

使用キット
SDストライクノワール
HGストライクノワール



1、首接続部加工
首接続部は、いつも通りナイフで加工し、頭側のPCに差し込める形に整形。
この頃はまだボール型PCではないので、ボール型PCを差し込む必要はないですね。また頭側PCをEにすることで顎をひくようにも出来るのでオススメです。

2、腰部短縮化
腰部短縮化ですが、ストライクノワールはこの頃のHGにしては可動を意識した構成になっていて、内部構造がやや違います。
首接続部から腰の赤いパーツが直結になっているため、組み立てる前に赤いパーツの切り詰めを行い、縮めてから外装パーツをはめ込む。
その時干渉する部分が必ずでるので、擦り合わせしながら加工していき、短縮化しています。

3、脚部短縮化
脚部短縮化は、股関節軸パーツがボール型になっているのと、肩もボール型ジョイントになっていて規格が一緒なので、昔作ったHGストライクノワールの肩のパーツを軸がわりに採用。
加工して切り詰めを行い、膝から下の部分を差し込む形を取りました。
それにより開脚、膝可動を実現しています。

4、塗装レシピ
塗装はミスターカラーを使用。筆塗りです。

・赤部分
┗あずき色

・黒部分(ノワールストライカー)
┗ブラック

・イーゲルシュテルン、すねシリンダー
┗メタルカラークロームシルバー

・ビームライフルショーティー
┗メタルカラーアイアン

で塗装しています。

碁、仕上げ
仕上げとして、

・水転写デカール貼り(MGストライクノワール用)
・プレミアムトップコート艶消し吹き付け
・磨き込み

を行い、完成としました。


正月休みはなに作ろうかな~


















  1. 2017/12/25(月) 20:30:29|
  2. ガンプラ RSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.501 AMX-107 BAWOO

こんばんは♪今月最初のガンプラでありながら、501体目になります♪
今回製作したのは、あえての昔のHGUCバウをSD化。これもいつかはやりたいと思っていたのでタイミング的にはちょうどよかったのかも知れませんね~♪
というわけでレシピを。


使用キット
HGUCバウ(グレミー機)
SD袁紹バウ
HGUCリバウ(一部)

1、頭部改修
まずは頭部改修。袁紹バウの前立てをやすりがけでなるべくフラットまで持っていき、パテで整形。トサカも同じようにパテ埋めして、乾いたあとに整形。
仕上げに800番のスポンジヤスリで仕上げてます。

2、首接続部加工
首接続部加工は、HGUC側のジョイント部分をやすりがけして棒状に整形していき、ボール型PCを差し込んで完了。
この辺の改造はいつもと同じ手法ですね。

3、腰部短縮化
バウに関しての腰部短縮化は特殊で、バウナッター、バウアタッカーに分離変形するので普通の構造になってません。
腰部短縮化においても特殊でした。
まず上半身は変形する際のカバー部分を少しニッパーで短く。
下半身はバウナッターの機首部分を一センチくらい詰めて接着。バウアタッカーの機首部分が入り込むフロントスカートの真ん中のパーツを少し下にずらして接着し、グッと奥まで入り込むようにしています。

4、脚部短縮化
脚部短縮化は、バウナッターに変形させるためのフォーマットになっているため、実は最近の股関節軸と同じ構造になっていてなおかつ昔のHGUCの構造でもあるバウ。
膝から下を組み立てて股関節軸に直結させる簡単な作業です。簡単!

5、その他
その他として、白部分はHGUCリバウで余るバウのパーツを使用。
また、ビームサーベルはシナンジュのビーム刃、なんかのガンプラの柄を使用して製作しています。
モノアイはHアイズを使用してます。さらに仕上げ後に、バックパックのスラスターにメタルパーツを使いました。

6、塗装レシピ
塗装はミスターカラーを使用。筆塗りです。

・赤部分
┗あずき色

・黒部分
┗タイヤブラック

・白部分
┗クールホワイト

・各部スラスター
┗百式ゴールド

・ハンドパーツ、ビームライフル、シールド
┗メタルカラーアイアン

を使って塗装しました。

7、仕上げ
仕上げとして、

・水転写デカール貼り
・プレミアムトップコート艶消し吹き付け
・磨き込み

を行い完成としました。

ちなみにちゃんとバウナッター、バウアタッカーに分離変形も可能にしています♪

















  1. 2017/12/17(日) 19:58:25|
  2. ガンプラ RSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.500 MS-08TX[EXAM] EFREET CUSTOM

こんばんは♪
記念すべき自身の通算500体目のガンプラ!
15年ですね~とうとう通算制作数500体でございますよ!長いようであっという間だったような、そんな気持ち…これからもガンガン作っていきたいと思います!

というわけで、プレバンのHGUCイフリート改のSD化です。レシピを織り混ぜながら紹介します♪

使用キット
HGUCイフリート改
SDグフ
他パーツ流用


1、頭部制作
頭部制作は、SDグフを使用。プラ板やパテを使いつつ、アンテナはSD戦国アストレイの鬼の面の角を使用。ヤスリなどで形を作り、接着してます。
モノアイはクリアパーツを使用しています。

2、首接続部分加工
次に首接続部分の加工。
昔のキットを頭部に使っているので頭部から差し込むタイプです。
なので首接続部分を切り飛ばし、ピンバイスで穴をあけ、丸ヤスリで調整し、差し込むようにしました。

3、腰部短縮化
続いて腰部短縮化。
最近のフォーマットは胸部から90度まがってボール型PCを差し込む形になっているので、胸部内側の平らな部分を使って中をくりぬき。
そこに腰パーツを接着して、腰の位置を上にせり上げるように。
そうすることで違和感なく詰めることができます。

4、脚部短縮化
さらに脚部短縮化。
いつも通りね短縮化です。

膝から下を普通に組み立て、膝可動のPCを変更。股関節軸を差し込む形に。
さらにイフリート改はミサイルポッドがついているので、外装パーツにピンバイスで穴を開けて丸ヤスリで調整。ミサイルポッドの位置を下げます。
さらにサイドスカートが外装パーツと干渉するので、サイドスカートを適当な所で詰めて整形し、事なきを得ました。

5、塗装
塗装はミスターカラーを使用。筆塗りです。

・赤部分
┗あずき色

・青部分
┗コバルトブルー+色ノ源マゼンタ

・黒部分
┗タイヤブラック

・動力パイプなど
┗メタルブルー

・バーニアなど
┗メタルカラークロームシルバー

・ハンドパーツ
┗メタルカラーアイアン

で塗装しています。

6、仕上げ
仕上げとして、

・水転写デカール貼り
・プレミアムトップコート艶消し吹き付け(3回)
・磨き込み

を行い、完成としました。

やっぱりイフリート改作ったら、ブルーもですよねぇ♪いつかタイミングみて作りたいなぁ♪

















  1. 2017/11/20(月) 19:25:24|
  2. ガンプラ RSD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ